猫のワクチン接種~時期や種類~

猫のワクチン接種について~時期や種類~

日本動物愛護協会 常任理事 獣医師 須田沖夫先生

猫注射

猫のワクチン接種は伝染病の予防のため

猫のワクチンは伝染病、特にウィルス性感染症の予防のために開発されました。

感染症は寄生虫(内部、外部)、細菌、リケッチア、ウィルスなど多種多様な病気です。

猫ではウィルス性疾患の一部にワクチンが開発され、利用されています。

50年前はウィルスに感染し、発病し、治療しても死亡する個体が多く、そのため平均死亡年令も若かった。現在、寄生虫の駆虫剤、細菌の抗生物質、ウィルスのワクチンの種類の増加と普及などで30年間で死亡年令は3倍くらい延長しています。

猫のワクチン接種の時期

接種時期は、猫の場合母乳が免疫力を持っている場合、初乳、母乳を飲んでいると仔猫は2ヶ月令から免疫力が低下するので、生後2、3、4ヶ月にワクチン接種をすることが必須です。その後も1年くらいで免疫力は低下するので、毎年のように接種したほうが安全です。また、中高年令になると特に免疫力が低下するので、毎年接種した方が安心安全です。

外で飼っている場合には、各種感染の可能性が高まりますので、ワクチンや駆虫剤の投与を定期的に実施することが猫にとって大切なことです。

感染症に感染し発症してからでは治療に時間も経費もかかり、後遺症を起こしたり、治らずに死亡することも多くありますので、ワクチン接種を定期的に、確実に実施した方が人と猫との関係は良くなります。

ワクチンメーカーやペットフード協会の資料によると、日本の犬猫のワクチン接種率は欧米に比べ低率で、犬は25%、猫は10%との報告があります。

猫のワクチンの種類

猫は5疾患にワクチンがあります

猫ウィルス性鼻気管支炎

猫ウィルス性鼻気管支炎は咳、クシャミ、鼻水、発熱、食欲不振など風邪症状を起こし、目ヤニが多くなり結膜炎、角膜炎も起こします。他のウィルスも感染すると重症化し、仔猫は死亡することもあります。回復後も体内にウィルスが残っており、ストレスなど体調不振で再発もするウィルス感染症です。

猫カリシウィルス感染症

猫カリシウィルス感染症は咳、クシャミ、鼻水、発熱など風邪症状で、悪化すると舌や口の周りに水疱や潰瘍も見られ、肺炎も起こします。混合感染すると悪化し死亡もあります。回復期以後もウィルスを排泄するので、長く感染源となるウィルス感染症です。

猫汎白血球減少症

猫汎白血球減少症は猫パルポウィルス症とも言われ、仔猫や若猫で多発します。嘔吐、血様下痢、腹痛、高熱から急激な脱水症状を起こし、死亡率の高いウィルス感染症です。妊娠猫が感染すると胎児に影響し、流産、死産も見られます。

猫白血病ウィルス感染症

猫白血病ウィルス感染症は、感染発症すると免疫機能の低下や、抑制、貧血、リンパ腫など症状は多様です。妊娠中は胎児への感染や死産が見られる。血液、唾液、涙、尿、糞便にもウィルスが多量に含まれているので、感染猫との接触、排泄物、食器、布団などから感染します。治療が難しいウィルス感染症です。

猫クラミジア感染症

猫クラミジア感染症は、結膜炎や上部呼吸器症状が仔猫を中心に発症します。症状が持続することも多く、特に一過性の発熱、食欲不振や体重減少も見られます。猫同士の接触でよく感染しますが、時に人にも感染します。ウィルスと細菌との中間的なクラミジア感染症です。

猫のワクチン接種で注意すること

以上の症状から解るように嘔吐、下痢便、鼻汁、クシャミ、目ヤニ、尿など感染している犬猫の排泄物の中に感染源のウィルス等が混じっているので、上記の物に触れたり、症状のある動物に接触をしないようにし、さらに手や服なども十分に洗浄、消毒が必要です。

ワクチン接種は健康状態が良く、妊娠、授乳期でなく、寄生虫感染のない時に投与する。

副反応として発熱、元気・食欲減退、下痢、嘔吐や注射部位の痛み、発熱、かゆみなどみられることもあるので接種後2~3日は安静に。

アレルギー反応で顔面腫脹、掻痒は数時間後、アナフィラキシー反応ショックは30分後以内にまれにみられます。

ウィルスには治療の特効薬がないので、予防のため上記の病名のワクチンを定期的に、確実に接種することで飼猫、そして飼い主ら人間への感染・発症予防ができます。

動物病院に相談し、飼い猫の健康維持に努めることが飼い主さんの責務です。

inuneko_02

*公益財団法人 日本動物愛護協会 常任理事 獣医師 須田沖夫先生 に記事を作成して頂きました。

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】