犬の皮膚糸状菌症(症状、原因、治療)

犬の皮膚糸状菌症(症状、原因、治療)

03 (2)

犬の皮膚糸状菌症ってどういう病気?

 皮膚糸状菌症は真菌が原因で起こる皮膚病で、犬の弱った表皮や毛根、爪の根本から真菌が侵入して、異常繁殖して炎症を引き起こします。

 子犬や猫がたくさん集まるところに犬を預けた、毛を刈ったり洗ったりしてもらったら毛が抜けた、飼いはじめた子犬、子猫が皮膚病になった、同居している犬や猫に皮膚糸状菌症の症状(「皮膚糸状菌症の症状」を参照)と同じような症状が現れたといったときには、この病気の感染を疑います。

皮膚糸状菌症は人にも感染してしまう皮膚病です。もし皮膚炎や爪の異状を見つけたら、獣医師に見てもらうようにしてください。また、動物と接触しやすい腕や首筋などの皮膚に円形の腫れがみられた場合は皮膚科の医師の診察を受けてください。

皮膚糸状菌症に罹りやすい犬種

皮膚糸状菌症に罹りやすい犬種にはペキニーズ、ヨークシャー・テリア、プードルがあげられます。子犬、長毛種、免疫力の低下した犬は皮膚糸状菌症に罹りやすくなります。

犬の皮膚糸状菌症の症状

 皮膚糸状菌症の症状として、顔や目の周囲、耳や体の皮膚のやわらかい部分に円形の脱毛がみられます。円形状に毛の抜けた部分には、フケのような細かいかさぶたが付着しています。そのまわりはわずかに赤く腫れて見え、この部分の毛は折れたり抜けやすくなっています。痒みを発することもあり、掻いたり舐めたりして刺激されることで丘疹(皮膚にできるぶつぶつ)やかさぶたを形成することも少なくありません。また、皮膚表面に水ぶくれが見られることもあります。

 爪に感染した場合は、爪が変色したり、抜け落ちたりします。また、爪のまわりの皮膚が腫れることもあります。

人間にも感染してタムシ状の皮膚炎を生じさせたり、子どもの頭部にはげしい皮膚炎を起こしたりすることがあります。

犬の皮膚糸状菌症の治療法

 診断において、皮膚糸状菌症に感染している皮膚や毛は紫外線に反応することから紫外線ランプ(ウッド灯)の光線を患部に当てて、皮膚の周囲の蛍光反応を観察します。さらに、患部の周囲の毛を抜いて顕微鏡による検査や、あるいは毛を培養して確実な判定行います。

 皮膚糸状菌症の治療法としては、主に抗真菌剤の内服薬を処方します。また、外用薬の塗布、真菌に効果を発揮する、薬用シャンプーでの薬浴などを行います。常に皮膚を清潔な状態に保っていくことが大切です。

 ほかにも犬や猫を飼育しているときには、それらの動物も検査する必要があります。

犬の皮膚糸状菌症の予防

皮膚病をもっている犬や猫には接触しないようにすることが予防につながります。また、室内飼育の場合は部屋の掃除を行うなどして飼育環境を衛生的に保つことも大切です。

04 (2)

※この記事は麻布大学獣医学部のご協力により作成いたしました。

PS.  

皮膚病が良くなったワンちゃん達はコチラ↓

適正体重になって毛艶が良くなったワンちゃん

皮膚が良くなった(かさぶたが減った)ワンちゃん

皮膚(指間炎)が良くなったワンちゃん

PPS. 

アガリクスやカビなどの真菌類に含まれるβ-グルカンは

構造が似ていることから

犬の皮膚糸状菌症にはアガリクスが特にオススメです

↓詳しくはコチラ

アガリクスのβ-グルカン

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】