犬のアレルギー(症状、原因、治療)

犬のアレルギー(症状、原因、治療)

犬痒い

犬のアレルギーってどういう病気?

 ほこりや花粉を吸い込んだときに、涙が出たりくしゃみが止まらなくなったりする人がいるように、ふつうは害のないものに対して異常な反応がでてしまうことをアレルギーといいます。犬にもアレルギーがあり、原因となる物質(アレルゲン)を口や鼻から吸い込んだり、食べたり、あるいはアレルゲンに触れたときに症状がおこります。

アレルギーは、その反応によって犬の体の各部にさまざまな症状をおこします。主なものは「皮膚」の症状で、まれに「下痢」や「嘔吐」、「目や耳の異常」、「くしゃみ」などもみられます。

犬の皮膚アレルギーが起こる原因

 ここでは、特に刺激を受けやすく、犬のアレルギーの症状がでやすい場所である「皮膚」のアレルギーについて紹介します。犬のアレルギーでおこる皮膚炎には、それぞれアレルゲンの異なる4つの種類があり、主に次のような特徴をもちます。

アトピー性皮膚炎

多くは遺伝的に発症し、空気中のアレルゲンを鼻や口から吸いこむことによって短時間のうちに皮膚症状があらわれる。

接触性アレルギー性皮膚炎

皮膚に洗剤・シャンプーなどの薬物や、花粉などの植物が触れることによってゆっくりと皮膚症状があらわれる。

食物アレルギー性皮膚炎

食べ物に含まれる成分がアレルゲンとなり、特定の食べ物を食べた時にだけ皮膚に症状があらわれる。

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミが活発になる夏から冬にかけて、犬の体に付着することで、ノミの唾液の中にある成分がアレルゲンとなり皮膚症状があらわれる。

アレルギーにかかりやすい犬種

 「アトピー性皮膚炎」はビーグル、ボクサー、ダルメシアン、テリア種などでかかりやすく、「食物アレルギー性皮膚炎」はラブラドール・レトリーバー、ジャーマン・シェパード、プードルなどでかかりやすいといわれています。また、いずれも若いうちに発症することが多いです。

 

一方、「接触性アレルギー性皮膚炎」と「ノミアレルギー性皮膚炎」は、犬種や年齢に関係なく発症することがわかっています。

犬のアレルギーの症状

 基本的には皮膚に「赤く盛り上がったポツポツ」があらわれ、そこに「強いかゆみ」を伴います。そのため、犬はかゆみのある部分をひっかいたり、なめたり、かんだりして皮膚を傷つけてしまいます。それによってさらに皮膚がはがれてしまったり、「出血」がおこったりします。

 

犬のアレルギーの治療法

 まず、かゆみなどのつらい症状を抑える治療をおこないます。次に、アレルゲンと考えられるものを取り除いてみて、経過を観察します。疑いのあるアレルゲンを取り除き、触れたり吸い込んだりする機会を避けること、あるいは食べさせないことで、症状の改善が期待できます。

 また、薬用シャンプーを使用して体を清潔に保ちます。面倒でも、根気強くシャンプーを続けてあげることは治療にとても効果があります。

 アレルギーに対しては、飼い主さんが犬をアレルゲンに近づけないように環境を整えてあげることが一番大切です。そして、予防のためにノミの駆除やシャンプーにも気を配り、普段から皮膚に異常がないかチェックすることを心がけましょう。

inuneko_03

※この記事は麻布大学獣医学部のご協力により作成いたしました。

PS.

アレルギーのかゆみが減ったワンちゃんはコチラ↓

犬のアレルギー かゆみがサプリで減ったかも?

PPS. 

最近の研究で、アトピー性皮膚炎などは

免疫細胞のバランスが崩れることで

アレルギー反応が起こることが解ってきました

イラスト28k

(免疫細胞のバランスが崩れた状態)

ペット用キングアガリクス100は

健康を維持することで免疫細胞のバランスを保ち

健康な皮膚をサポートします

イラスト27k

(免疫細胞のバランスが整った状態)

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】