アガリクスのβ-グルカン

アガリクスのβ-グルカン

β-グルカンを飲むと

アガリクスの有用成分にβ(ベータ)-グルカンと呼ばれる成分があります

β-グルカンはカビやキノコなどの真菌類の細胞壁に含まれます

(アガリクスなどのキノコは野菜ではなく、カビと同じ真菌類です)

β-グルカンを人間や動物が飲むとどうなるか?

β-グルカンを飲むと

β-グルカンは体内には吸収されず、全身の免疫細胞の60%がいる腸管にまで届きます

腸管では免疫細胞が常に敵(細菌などの異物)が入ってこないかパトロールしています

免疫細胞

(腸管で敵に備えている免疫細胞)

腸管で免疫細胞がβ-グルカン(カビの仲間)を見つけると、

敵が侵入してきたと勘違いして免疫細胞の攻撃スイッチがオン

腸管だけでなく、全身の免疫細胞が攻撃態勢に入ります

=免疫力が活性化

(実際にはβ-グルカンは人体や動物に対して無害です)

β-グルカンと免疫細胞

(免疫細胞がβ-グルカンを発見)

β-グルカンを捕まえる

(β-グルカンを免疫細胞が捕まえる)

攻撃態勢

(β-グルカンを敵と勘違いして、攻撃態勢ON)

その結果、腸管のβ-グルカンだけでなく、

全身の敵(細菌やがん細胞など)を攻撃してくれます

攻撃

(免疫細胞が腸管のβ-グルカンだけでなく全身の敵を攻撃)

このようにしてアガリクスは

健康を維持することで免疫力をサポートすると考えられています

PS.

アガリクスと同じ真菌類であるカビ(カンジダやマラセチアなど)のβ-グルカンの構造は似ています

腸管でアガリクスのβ-グルカンによって刺激された免疫細胞は

全身の細菌や異物などの敵を攻撃してくれますが、

特に、皮膚表面にいるカビなどのβ-グルカンを標的として攻撃すると考えられます

そのため、カビが原因となるマラセチアや皮膚糸状菌症には

アガリクスが特にオススメです

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】