猫の目やに(原因、症状、お手入れ)

猫の目やに(原因、症状、お手入れ)

猫の病気

猫の目やにの原因

ふつう涙は無色透明ですが、目の粘膜に炎症が起きて、その分泌液などが混じると、粘りけが出てきます。これが目やにです。目やには粘りけがあるために、健康なときの涙のように涙管を通って排泄されないので、目の縁にたまってしまいます。

目やにが出る場合は、治療を必要としない生理的な現象から重篤な目の疾患まで多くのことが考えられます。

目やにの原因は、「ほこり」「被毛」「外傷」「薬品」「細菌やウイルス、寄生虫などの感染」「眼瞼(まぶた)、第三眼瞼(瞬膜)、まつ毛、涙液、結膜、角膜、強膜などの目の表面の疾患」「ぶどう膜や緑内障などの目の中の疾患」など様々です。

猫の目やにが出る病気

目やにが出る病気には、まず角膜炎と結膜炎があります。また、ドライアイともいわれる乾性角結膜炎もあります。内反症(まぶたが内側に反転している状態)や外反症(まぶたが外側に反転している状態)でも目やにが出やすくなります。子猫では、ヘルペスウイルスによる結膜炎や角膜炎から重度の目やにを起こすこともあります。

角膜炎、結膜炎、内反症(まぶたが内側に反転している状態)などが悪くなると、黄色い膿状の目やにになり、ひどいときは目がふさがって開かなくなります。

猫の目やにの種類

病気によって、様々な目やにが見られます。目やには大きく3つに分けられます。

(1)粘液性の目やに:白または灰色の粘稠性のもので、これは結膜炎や角膜炎など目に刺激があるときに見られます。

(2)化膿性の目やに:黄色の粘稠性のもので、炎症や細菌感染があるときに見られます。

(3)漿液性の目やに:水っぽいもので主に涙です。ウイルス感染のときに見られ、ときどき赤褐色のこともあります。

目やにが気になるときは、目やにの性質・量を観察してください(サラサラした漿液性なのか、ドロドロした粘液膿性なのか)。目やにの性状が診断に役立つことがあります。

猫の目やにのお手入れ

目やにがついている場合、簡単に取れるものであれば、コットンなどで軽く拭いて取り除きます。目やにが硬くなっているときには、コットンに水を含ませ、目やにを軟らかくしてから除去します。

目やにの量が多いなど心配なことがあれば、動物病院で診てもらいましょう。また、目の周囲の手入れが上手くできないなど困ったことがあるときも、相談してみましょう。

猫喜ぶ

※この記事は麻布大学獣医学部のご協力により作成いたしました。

PS.

目やにが良くなった猫ちゃんはコチラ

猫の目やにがサプリで減った?

猫の目やにと くしゃみがサプリで、、、

猫の目やに対策にサプリをあげています!

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】