ボーダーコリーの皮膚・毛並みを良くする秘訣

ボーダーコリーの皮膚・毛並みを良くする秘訣

ボーダーコリー

愛玩動物飼養管理士

青山ケンネルスクール認定 A級トリマー

大谷幸代先生

ボーダーコリーの皮膚・毛並みの特徴

ボーダーコリー

ボーダーコリーは数ある犬種の中でも最も知能が高いと言われる犬種です。

その為、しつけは曖昧さや甘やかしをせずにしっかりと行う事が必要です。

家族内でしつけのルールに差があると、必ずしつけに甘い人を見抜き、想いもよらぬいたずらをするものです。

守らなければならない家庭のルールは、家族全員でしっかりと共有しましょう。

ボーダーコリーは元々屋外での仕事をこなすために輩出された犬種です。

その為、厳しい寒さにも、夏の暑さにも耐える事が出来るように被毛の構造が出来ています。

毛量は非常に豊富で、表面の長い被毛の下には綿毛状の短い被毛が密集しています。

春、秋の換毛期にはこの両方の被毛が抜け変わるので、抜け毛の量は相当になります。

日ごろお手入れやシャンプーを自宅で済ませている場合でも、換毛期にはトリミングショップを利用し、強い風量のドライヤーで抜け毛をしっかりと取り去ってもらうとよいでしょう。

ボーダーコリーは賢さと共に明確な自己主張をする犬種でもあります。

特にブラッシングを嫌う性格の場合、飼い主がブラシを持つ素振りを察知しただけで逃げ回り、中には噛みつく、唸るなどの反撃に出る事もあります。

成長後のボーダーコリーに反撃をされては、たとえプロのトリマーでも危険を感じる程です。

将来必ずブラッシングの習慣が必要になる犬種ですから、子犬のうちからブラッシングの練習を積み重ね、反撃や警戒の無いようしつけをしておきましょう。

ボーダーコリーによくある皮膚トラブルってなんですか?

犬、質問

ボーダーコリーに多い皮膚トラブルは食事を原因とするアレルギーです。

ボーダーコリーに代表される牧羊犬達は身体も大きく、屋外で生活をする事も出来るので一見体が丈夫なようにも思われがちですが、それは骨格のレベルの事です。

意外にも内臓機能は繊細で、胃腸が弱い事も多々あります。

食事を選ぶ時は、安心、安全な良質なドッグフードを選んであげましょう。

ボーダーコリーは活動量が非常に多い犬種です。

アレルギーを回避する為に手作り食に取りくむ場合は、十分な栄養、動物性タンパク質を接取出来るように分量を考えてあげましょう。

食物性アレルギーが起こると強いかゆみ、脱毛、湿疹、赤みなどの皮膚トラブルが起こります。

症状が悪化しないうちに動物病院を受診し、早期の対応をしてあげましょう。

また、アウトドアやスポーツをする機会の多いボーダーコリーはノミやマダニが寄生する事もあります。

ノミやマダニはボーダーコリーの長い被毛に隠れてしまい、発見が遅れがちですが、かゆみや脱毛などいつもと違う症状がみられる時は、すぐに動物病院を受診しましょう。

中には、ノミやマダニのアレルギーで重篤な症状が起こる事もあるので、暖かい季節の外出には事前の防虫対策をしっかりと済ませておきましょう。

ボーダーコリーの毛並みをキレイにする秘訣

犬の毛並み

ボーダーコリーの被毛は非常に密集度が高い事が特徴です。

ブラッシングをする時は、表面の長い被毛だけでなく、根元の短い被毛までしっかりとブラシを行き届かせる事が大切です。

この根元までのブラッシングが不十分だと、毛玉が出来たり、臭いが籠ったり、抜け毛で皮膚が蒸れてしまうこともあります。

特に、脇、尾の付け根、下腹などは抜け毛残り易い部分なので、しっかりとブラッシングをしてあげましょう。

皮膚・毛並みがキレイになったパジェロちゃん

海の近くに暮らし、毎日の散歩は砂浜を走り回る事が日課のパジェロは2歳のボーダーコリーの男の子です。

性格は非常に友好的で、犬友達も多く、好奇心も旺盛です。

パジェロは日ごろ自宅でシャンプーを済ませ、爪切りだけはトリミングショップを利用しています。

シャンプーをしてもなかなか体臭が消えない、被毛の手触りが悪いという事でパジェロの皮膚、被毛の状態を確認した所、なんと短い被毛の間には海辺の細かい砂がびっしりと絡まり、抜け毛がフェルト状に固まっています。

パジェロの皮膚は抜け残った被毛で覆われ、皮膚が蒸れ、ところどころ湿疹も出来ていました。

このようになってしまった原因は、海へ入った後は自然乾燥のみで過ごしていたこと、シャンプー前にしっかりと抜け毛を取り除いていなかったので、抜け残った被毛が水分を含みかたまり、ほどけない状態になってしまっていたからです。

日々のブラッシングやシャンプー後のドライヤーは、パジェロの被毛の表面部分だけしか行き届いていませんでした。

その為、まずは皮膚の状態を改善させるために、パジェロの被毛を短くカットし、湿疹の部分をはっきりと目で確認出来るようにしました。

トラブルを起こしている部分がはっきりと見える事で症状の変化や薬の塗布もスムーズになり、症状も次第に改善され始めました。

今後は飼い主さんがお手入れをしやすい長さに被毛をカットする事、海へ入った後は必ずシャワーで砂を洗い流ししっかりと乾燥させる事になりました。

犬にそれぞれの被毛の構造があり、この構造をしっかりと理解してあげたうえでお手入れをしてあげる事が大切です。

特に水濡れ後の自然乾燥には思わぬ落とし穴があることもあるので気を付けてあげましょう。

ボーダーコリーの皮膚・毛並みのチェック法

チェック法

ボーダーコリーの皮膚、被毛を良好な状態に保つには、週に1,2度はブラシをかける習慣をつけてあげましょう。

一度のブラッシングで全身を梳かすのは相当な時間がかかります。

ブラッシングは一回5分程度で短い時間で構いません。

その代わりローテンションにし、数回に分ける事で全身にブラシが通るようにしてあげましょう。

ボーダーコリーのように体が大きい犬種は、オスワリをする事でお尻周りの被毛が絡み、毛玉が出来やすくなります。

ブラッシングをする時はお尻や後肢、尾の飾り毛も丁寧にお手入れをしてあげると、美しい状態を保つ事が出来ます。

ボーダーコリーの飼い主さんの多くは、その知能の高さからしけつの難しさを実感するでしょう。

特に生後一年ほどまでは、本当に手がかかります。

でもその時期を乗り越えると、犬とは思えない程の存在感を示し、最良のパートナーになってくれるでしょう。

犬 喜ぶ

*このコラムは大谷幸代先生に記事を作成して頂きました。

トリマーさん

【大谷幸代先生】

愛玩動物飼養管理士

青山ケンネルスクール認定 A級トリマー メディカルトリマー

学生時代にイギリスへドッグトレーニングの勉強のため、短期留学。その後、ペットショップ販売員、トリマー、ドッグトレーナー、ペットシッターなど様々な仕事を経験してきた。ホリスティックケアアドバイザーや日本アロマテラピー協会認定アロマテラピーインストラクターなどの資格も取得。ペット関連用品の開発、雑誌などへのコラム執筆を手がけるなど、【犬を飼う生活から、犬と暮らす生活へ】の実現をめざし、幅広く活躍している。

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】