ミニチュアシュナウザーの抜け毛(脱毛)の原因、治療、予防法

ミニチュアシュナウザーの抜け毛(脱毛症)の原因、治療、予防法

ミニチュアシュナウザー

動物看護士 トリマー

山之内さゆり先生

ミニチュアシュナウザーの抜け毛(脱毛症)について

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーはダブルコートなのに、まるでシングルコートのように毛が抜けにくい犬種として知られています。そして、その性格はすごく甘えん坊で、抱っこすると人間のように腕を回ししがみつく姿がたまらなく可愛いですよね。

かわいらしくて抜け毛も少ないミニチュアシュナウザーでも、皮膚疾患を患うと脱毛を起こすことがあります。特に多く目立つのが、膿皮症・脂漏症・アトピー性皮膚炎です。

あまり抜けない犬種だからこそ脱毛は異常に気付きやすいポイントになります。

ミニチュアシュナウザーの抜け毛(原因、症状、治療法)

犬、質問

膿皮症の原因、症状、治療法

■膿皮症の原因

膿皮症は皮膚にもともと住んでいる常在菌が異常増殖したり、皮膚の免疫機能が低下している場合にその常在菌が悪さをしてしまうことで発症します。

■膿皮症の症状

ミニチュアシュナウザーは、皮膚を観察しやすいカットスタイルをしていたり、もともと毛深いタイプでもないため飼い主さんも気付きやすいのですが、背中やお腹、内股などに初期症状として膿疱とよばれる膿の溜まった小さなニキビのようなものができます。

そして膿疱がはじけるとドーナツ状のかさぶたができ、かゆみから皮膚が赤く炎症を起こしたり、かさぶたになっている部分が脱毛をしたりします。

■膿皮症の治療法

広範囲でしかも炎症や痒みの状態が酷い場合は、抗生剤を使用しながら抗菌性の薬用シャンプーで薬浴していきます。もし軽度の膿皮症であれば、投薬はせずに薬浴だけでも十分良くなることがほとんどです。

脂漏症の原因、症状、治療法

■脂漏症の原因 

脂漏症の原因はアレルギー性疾患や代謝性疾患など、なにかしらの基礎となる疾患(基礎疾患)が原因となって引き起こされる場合もありますが、ミニチュアシュナウザーの場合はそうした基礎疾患は関係なく、体質的なもので脂漏症になってしまうことが多い傾向にあります。

■脂漏症の症状

ミニチュアシュナウザーは乾燥肌よりな子もいれば、逆に皮脂分泌が多めの子もいます。多く見られるのは、皮脂分泌が多くなってしまうことで起こる脂漏症です。

症状はまず全体が脂っぽくベタつきフケがでます。そこからだんだんかゆがるようになったり、脱毛が見られるようになってきます。

この時点ではニオイなどが気になるということも少ないのですが、放っておくと皮膚に住んでいる常在菌が異常増殖し、マラセチアや膿皮症などにもつながるので、フケやベタつきなどいつもと違うと思ったら早めに動物病院で診察をしてもらいましょう。

■脂漏症の治療法

脂漏症の治療は主に出過ぎた皮脂を取り除き、更に乾燥を防ぐために保湿をするような流れで薬浴を行なっていきます。

膿皮症やマラセチアのように菌やカビを殺すというよりも、出過ぎた皮脂を取り除くことから、市販の洗浄力が強いシャンプーでもいいのでは?と思う飼い主さんもいらっしゃいます。

しかし、診察の元適切なシャンプー剤を使った治療をしていかなければ、逆に悪化してしまうので自己判断ではなく必ず診察の上で適したものを使っていきましょう。

また、薬浴は単純に薬用シャンプーを使うから薬浴というのではなく、獣医師が診断して処方しなければ使用できない特別なもので、脂漏症だから余分な脂を取ればいいというような考え方は禁物です。

アトピー性皮膚炎の原因、症状、治療法

■アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎はハウスダストや花粉・ダニなど、さまざまなことが原因となって起こるアレルギー性皮膚炎です。

食物アレルギーやノミアレルギー性皮膚炎のように、特定のアレルゲンとなるものを取り除くことで治まればいいのですが、アトピー性皮膚炎の場合は花粉やハウスダストなど生活環境に対する過剰な免疫反応なので、なかなか難しいのが現状です。

■アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎になると脇・お腹・足先・足裏・目や口周りなど、全体的に痒みと湿疹が見られます。

痒みがひどくて掻きすぎたり舐めすぎたりすると、炎症を起こして皮膚に傷がついてしまい、二次感染にもなることがあるのでひどくなる前に早めに動物病院で診察してもらいましょう。

■アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎は完治するものではなく、一生付き合っていかなければならないものなので、皮膚のバリア機能を高めアレルゲンとなる可能性のあるものからできるだけ遠ざけてあげることが大事になります。

基本的には痒みを抑えるためにかゆみ止めのお薬と、皮膚を清潔にしてバリア機能を高めるために、保湿系のシャンプーとトリートメントをメインとしてケアを行なっていきます。

膿皮症の治療例

犬の治療例

膿皮症で診察にきた、タローちゃん8歳の男の子の例をご紹介します。

タローちゃんはトリミングでよく来てくれる子で、もともと少し肌が弱く乾燥しがちな体質でした。

そのため、トリミングときは保湿系のシャンプーとトリートメントをメインにお手入れをしていたのですが、ある日皮膚を痒がるということで診察にいらっしゃってました。

見るとお腹と背中にドーナツ状のかさぶたと脱毛ができていて、すぐに膿皮症だと診断されました。

既に膿皮症として症状が出ている部分とは別に、膿皮症予備軍ともいえる膿疱がいくつかあったので、今後広がっていかないようにするためにも抗生剤と合わせて薬浴をすることになりました。

普段から皮膚のケアには気を付けていたので、症状もひどいものではなく1週間くらいしたらだいぶ綺麗になってきて、投薬はそこまでで残りは薬浴だけで様子を見ることにしました。

薬浴の方も1ヶ月くらいした頃には皮膚の状態もきれいになり、痒みもなくなってきたのでまたシャンプー剤も保湿系のものに戻しました。

予防としての薬浴をすることも可能だったのですが、普段のケアである程度防げていることと飼い主さんの希望もあったため、もしまた膿皮症になったりなりそうな兆候が見られたら薬浴をするなどして、状況で使い分けることでうまくケアしています。

食事で注意することや予防法

抜け毛の予防

膿皮症は免疫力や皮膚のバリア機能の低下などが原因となって起こるため、普段から皮膚を清潔に保つのはもちろん皮膚が強く健康的であるために工夫をすることで、出来る限りの予防に繋げることができます。

食事であればスキンケア系のフードを与えたり、月に1~2回は定期的にトリミングに出してあげて、清潔な状態を維持するようにしましょう。

また、自宅でこまめなブラッシングをするだけでもある程度汚れを落とすことができますし、同時に毛玉や毛もつれを防ぎ異常の早期発見にもつながるので、自宅でのケアも大切にしてみてくださいね。

犬の毛並み

*このコラムは山之内さゆり先生に記事を作成して頂きました。

山之内先生

【山之内さゆり先生】

トリマー、動物看護士

約10年間動物病院でトリマー兼動物看護士として勤務。現場で得た知識と経験を情報として発信し、飼い主さんとペットが幸せに暮らせるためのお手伝いをしていきたいと思います。

PS. ミニチュアシュナウザーの皮膚・毛並みが良くなりました↓

ミニチュアシュナウザーの毛ヅヤが良くなって食欲も、、、

健康になってきた感じがします。散歩に連れてくと、飛び上がって喜ぶの

元気な変化が見られて、食欲も、、、

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】