フレンチブルドッグの抜け毛(脱毛症)の原因、治療、予防法

フレンチブルドッグの抜け毛(脱毛症)の原因、治療、予防法

フレンチブルドッグ

動物看護士 トリマー

山之内さゆり先生

フレンチブルドッグの抜け毛(脱毛症)について

フレンチブルドッグ

ぶさかわいい見た目に元気一杯の遊び好きな性格で人気のフレンチブルドッグは、短毛なのでシャンプーなど自宅でのお手入れも非常にしやすい反面、ダブルコートなので一年中抜け毛と付き合わなければいけない犬種でもあります。

ですが、密度のあるタイプではないため皮膚病変などの異常があれば見付けやすいので、すぐに対処しやすいのもまたひとつの特徴です。

フレンチブルドッグに一年中抜け毛があるとはいっても、皮膚トラブルを起こすと通常とは違い脱毛や明らかな抜けすぎといったように、抜け毛による症状が現れることがあります。

フレンチブルドッグに特別多いというわけではありませんが、比較的多く見られた皮膚疾患として食物アレルギー・膿皮症・アトピー性皮膚炎があります。

フレンチブルドッグの抜け毛(脱毛症)の原因、症状、治療法

犬の抜け毛

食物アレルギーの原因、症状、治療法

■食物アレルギーの原因

食物アレルギーは、アレルゲンとして反応するタンパク質が入ったフードやおやつを食べることで、体内の免疫システムが過剰に反応してしまい、さまざまな症状を引き起こすアレルギー皮膚炎です。


■食物アレルギーの症状

食物アレルギーは食べたものに反応して起こるアレルギー皮膚炎ではありますが、食べてすぐ反応して数時間経てば元通りというよりも、食物アレルギーだと気付かずにいろいろ食べさせ続けているため、常に以下のような症状が続いているケースが多いです。

●目の周り・口周り・内股・お腹・足先・足裏などのかゆみ

●患部に炎症

●下痢や嘔吐

●ひどい抜け毛や脱毛

食物アレルギーは今まで食べていたフードに対しても急にアレルギー反応を起こすこともあるため、最初はまさかアレルギーだなんて思わず様子を見る飼い主さんも少なくありません。

そのため、ある程度進行してから受診される方が多いのですが、皮膚がひどくなってから受診するよりも、なんとなく赤い気がする?頻繁にかゆがっている気がする?といった段階でもいいので、早めに動物病院を受診しましょう。

■食物アレルギーの治療法

食物アレルギーは体全体に炎症などの症状が出るので、単純にかゆみ止めや下痢止めなどを使っても治ることはありません。そのため、食物アレルギーで行う治療はアレルゲンとなるものを避けて、アレルギー反応を起こさせないようにすることが重要です。

●除去食試験を行なう

●アレルギー専用フードに切り替える

●二次感染を起こしていたり起こしそうなら抗生剤や抗炎症剤などを使う

●皮膚に優しいシャンプーでケアする

食物アレルギーの場合、除去食試験といって食事に対するアレルギー反応を見極める試験をした上で、アレルギー専用フードに切り替えることで症状を抑えることができます。(継続的に食べさせてあげてください)

ですが、それまでに炎症や抜け毛など皮膚にダメージを受けている時は、皮膚が敏感になっているため使うシャンプー剤も刺激が少ないものにするなど、改善するまで工夫してあげることも大切です。

膿皮症の原因、症状、治療法

■膿皮症の原因

フレンチブルドッグは皮脂の分泌が多い傾向にあります。そのため、常在菌であるブドウ球菌が繁殖しやすい環境とも言えるので、免疫力が低下すると膿皮症になりやすいです。

また、何か別の病気や他の皮膚疾患を患っている場合、免疫力もその分下がってしまうので、二次的に膿皮症になってしまうこともあります。

■膿皮症の症状

膿皮症になると普段はおとなしいブドウ球菌が毛包や皮膚で悪さをするため、それに伴ってさまざまな症状を引き起こします。

●かゆみ

●炎症

●表皮小環

●フケ

●抜け毛・脱毛

発症部位はお腹や内股、脇、背中など全体的に見られますが、膿皮症の特徴として表皮小環というリング状のかさぶたのようなものができます。特にフレンチブルドッグは短毛で毛深くない分、すぐに患部を見つけることがでると思います。

脱毛はその表皮小環ができている部分から抜けていき、進行していくと脱毛範囲が広がり、広い範囲で地肌が見えてしまうことがありますので、かゆみを始めとした症状が見られたら早めに動物病院へ受診しましょう。

■膿皮症の治療法

膿皮症は異常に増えたブドウ球菌を本来の数程度にまで殺菌して、皮膚に悪さをできないようにしながらかゆみを抑え、二次感染などを起こさないように菌を抑制していきます。

●殺菌性の薬用シャンプーで薬浴

●抗生剤の投与

●基礎疾患の治療

もし頻繁に膿皮症を繰り返す場合は、皮膚の免疫力を下げる原因となる他の疾患(基礎疾患)がないかを調べて、そちらも一緒に治療を進めていきます。

アトピー性皮膚炎の原因、症状、治療法

■アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が弱いことや、花粉やダニなど環境中のアレルゲン物質に対して過剰に免疫反応を起こしたりすることで発症し、これを引き金として膿皮症やマラセチア症といった二次的な皮膚疾患を起こすことがあります。

■アトピー性皮膚炎の症状

体質的なもの、皮膚のバリア機能の問題、アレルゲン物質の関与といったものがあってアトピーになってしまいますが、どれが原因であっても症状に変わりはありません。

●湿疹・炎症

●かゆみ

●抜け毛・脱毛

アトピー性皮膚炎は強いかゆみを伴いますので、頻繁に掻いたり舐めたりすることで皮膚が黒ずむこともあります。そうしてかゆみと戦っているうちに、掻きすぎや舐めすぎで皮膚が傷ついて二次感染を起こすことが多いので、ひどくなる前に動物病院を受診しましょう。

■アトピー性皮膚炎の治療法

残念ながらアトピー性皮膚炎は一生付き合っていかなければいけない皮膚疾患のひとつですが、アレルゲンをできるだけブロックして皮膚の免疫力を高めることで、症状を抑えることが可能です。

●抗炎症剤の投与

●薬用シャンプーで薬浴

主に抗炎症剤でかゆみを抑えて、薬浴で体についたアレルゲンを洗い流し、皮膚を修復しながらバリア機能を高めるようにしていきます。最近では、免疫療法を取り入れている動物病院もあるみたいなので、一生付き合っていく皮膚病といったカテゴリから脱出できる時代になりつつあるかも知れません。

食物アレルギーの治療例

犬の治療例

フレンチブルドッグの男の子で当時3歳だったレオちゃんは、目の周りや足の裏、お腹などが赤くなってかゆがるということで診察にきました。

特にフードや生活環境を変えたわけでもなく、急に最近になってよく掻いたり舐めたりするようになったということから、症状の出ている場所や内容から食物アレルギーの可能性を考え除去食試験を行ないました。

アレルギー専用フードで様子を見ていたところ、1ヶ月半くらいした頃から徐々にかゆみが治り、2ヶ月経つ頃にはほとんど痒がらなくなったため、食物アレルギーの診断が確定しそれ以来ずっとアレルギー専用フードを食べています。

おやつがもともと好きな子なので、アレルギー皮膚炎の子でも食べることができるおやつを楽しんでいますが、たまに一般のおやつを少しだけと思ってあげてしまうこともあるらしく、そこは気を付けてもらうようにしています。

アレルギー専用でない食べ物がすべてアレルギー反応が出るわけではないのですが、どの程度食べたらアレルギー反応が出るかわからないことと、もし出てしまったらかゆみに襲われることを考えるとおすすめはできません。

最初の頃はレオちゃんの好物をあげられないことを残念に思っていた飼い主さんでしたが、食物アレルギーを発症するほうがレオちゃんにとってはかわいそうだと思うようになったとのことで、今ではアレルギー専用のもので徹底されています。

食事で注意することや予防法

多い犬種

食物アレルギーや膿皮症、アトピー性皮膚炎などは、かゆみや炎症を引き起こし、皮膚の状態が弱くなってしまうことで抜け毛や脱毛を引き起こしてしまいますが、いずれも皮膚を清潔にして免疫力をを高めることで、症状を抑えたり軽くすることができます。

そのためにも、食事はスキンケア系のものや免疫力を高めてくれるような質のいいものを与え、月に1〜2回のシャンプーで清潔にしてあげると予防や早期異常発見にもつながります。

フレンチブルドッグの場合は短毛で地肌の確認もしやすい犬種なので、日頃からスキンシップの過程で状態をチェックするようにして、気になることがあれば迷わず動物病院に相談してみるのもいいですね。

犬の毛並み

*このコラムは山之内さゆり先生に記事を作成して頂きました。

山之内先生

【山之内さゆり先生】

トリマー、動物看護士

約10年間動物病院でトリマー兼動物看護士として勤務。現場で得た知識と経験を情報として発信し、飼い主さんとペットが幸せに暮らせるためのお手伝いをしていきたいと思います。

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】