猫が糖尿病の末期で食事ができなかったけど、、、【お客様の声8/15】

お客様にアンケートにお答え頂きました↓

猫 アンケート


A.N様  猫MIX 14歳


キングアガリクス100ペット用購入前のお悩み・きっかけ

糖尿病の末期で免疫機能が著しく低い状態で、もともとの歯周病が悪化。あくびさえできないくらいの歯ぐきの腫れで、食事ができずに、医師からも手の施しようがないと言われた。免疫を少しでも回復できれば、食事ができるようになればと思い、色々ネットで調べて、こちらのホームページにたどり着いた。サポートの対応も丁寧で、糖尿病に対しても、実験があるとのことで?ダメもとで、藁にもすがる思いで飲み始めた。


キングアガリクス100ペット用を実際に使ってみて

最初の1週間で、皮膚病になりかけてるような部分が改善したのと、食欲がでて、食事ができるようになった。約二か月飲ませて、毛並みが良くなり、あくびができるようになった。食欲もすごくて、食事の催促がすごくなった(笑)

うちの子はストレスがたまりやすく、もとは捨て猫で、人間嫌いなため、インスリン注射を断念しているので、医師からは、今だに食欲があるのが信じられないと言われています。手の施しようがないと言われて約二か月。まだモリモリ食べて生きている。キングアガリクスを始めて本当に良かった。もちろん、歯周病の歯ぐきの腫れは抗生剤投与もかかせないが、抗生剤とキングアガリクス、血糖値を下げる薬で今も頑張って生きてくれているんだと思う。頑張ってくれる限り、続けたいと思います。

どのように飲ませていますか?

ペースト状にしたフードに、粉々にしたキングアガリスクをふりかけて、混ぜて食べさせている。

その他、ご意見など

サポートが手厚くて素晴らしいと思う。

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】