犬の乾癬(症状、原因、治療法)

犬の乾癬(症状、原因、治療法)

犬 乾癬

愛玩動物飼養管理士

青山ケンネルスクール認定 A級トリマー

大谷幸代先生

犬の乾癬ってどんな病気ですか?

犬、質問

乾癬という病気は、皮膚のあかみ、かゆみ、脱毛、肌荒れを起こす病気で、症状の現れ方は犬種や生活環境、体質によって異なります。

脱毛した部位の皮膚に湿疹ができたり、かさぶたになったり、皮膚厚みを帯びたりと痛々しい外見になることもあります。

発症の原因の特定や治療法の解明がまだ不十分で、発症した場合は症状を緩和する為のケアをつづける事での対処療法が一般的です。

犬の乾癬の原因って何かありますか?

チェック法

乾癬の原因はまだ完全な特定がされていないものの、以下のような項目が原因と考えられています。

①遺伝

②生活環境

③ストレス

④食事

⑤加齢

またイングリッシュコッカースパニエルに比較的発症が多く見られるという特徴があるものの、なぜこの犬種なのかという解明にまではいたっていない上に、日本ではこの犬種の飼育頭数が少ないので具体的な治療に関する情報や飼い主同士の情報交換も十分とはいえない状況です。

日本では、雑種や柴犬などから純血種の洋犬まで多様な発症が見られています。

生活環境も屋外飼育に限らず、屋内で生活をしている場合にも発症が見られています。

犬の乾癬の症状とは?

犬 痒い

乾癬の症状は、かゆみや湿疹、ニキビのような吹き出物、脱毛、広範囲なかさぶたなど様々です。

初期症状はフケやかゆみ、脱毛が目立つようになる事から始まります。ただこの症状は食物性アレルギーやそのほかの皮膚疾患ともよく似ているので、一見では原因を正しく特定することは難しいでしょう。

原因を特定する為には

・皮膚組織の細胞検査

・血液検査

・経過観察

・投薬治療

など様々な工程を経る必要があります。

食事管理や衛生管理の徹底などの方法を試みてもなかなか症状の改善が見られない、アレルゲンの特定ができないという場合には、改めて別の検査を受けたり、セカンドオピニオンを活用してみるという方法も必要です。

犬の乾癬の治療法

犬の治療

乾癬の治療法はこれといった特効薬がなく、完治や体質改善は長期に及ぶことも多い病気です。

治療を続ける事で症状の改善や緩和を目指すことはできても、必ずしも本来の被毛の生え揃った状態にまで完治することができないこともあります。

治療の結果は愛犬の体質や遺伝的な特性、年齢などに複雑に関係するので必ずしも結果が出るものではありません。

一般的な治療法は以下があります。

①服薬

乾癬 薬

②薬用シャンプーでの週3,4回のシャンプー

乾癬 シャンプー

(シャンプーの頻度は症状や健康状態によって異なります)

③散歩などでの日光浴、健康的な生活

乾癬 散歩

動物病院によっては漢方薬の処方などを試みる事もあります。

この病気は愛犬の体質に深く関係している症状でもあるので、体の内面から体質改善に取り組むために市販のサプリメントなどが効果を発揮することもあります。

乾癬から良くなったワンちゃん

カルテ

紀州犬のみきちゃんは、生後間もない頃から屋外で生活を続け、これまでに食物アレルギーや目立った病気を発症することもなく元気そのものでした。

ただ時折かゆみがあるような仕草があるものの、ノミダニの予防を徹底しているという事でさほど気にせずに生活をしていたそうです。

ただ今年は秋になってもかゆみが治まる事もなく、換毛期のせいか抜け毛が目立つと感じていたところ、気がつけば後肢の付け根から足首に掛けて被毛がすっかりと抜け落ちてしまい、患部には小さな赤い湿疹がつぶれた後と多数のかさぶたが出来ていました。

擦り傷や掻き壊しと思えるほどの症状でもなく、動物病院を受診してもなかなか原因の特定が難しく、やっと皮膚科専門医の診断を受け、乾癬という可能性にたどり着きました。

でもこの病気は特効薬となる治療法がなく、気長に免疫療法をつづけるしか方法がない事、完治までの期間の目途がたたないこと、みきちゃんを室内で生活させる事は難しい事から、出来る限り身体的な負担を軽減してあげられるようにと、月に2回のシャンプーを習慣化し、体の内面から免疫力を高める事が出来るようにとサプリメント(アガリクス配合)の服用を始めました。

治療を始めてから、8カ月がたち、皮膚の状態はまだまだ完全に被毛が生え揃ってはいないものの、次第にかゆみは収まりを見せている事とかさぶたの化膿など2次トラブルの発症もなく、一見元気に過ごすことができています。

この症状は皮膚の乾燥も関係していることもあるという事で、今はシャンプー後にマッサージ用保湿クリームを患部に塗り、出来る限り皮膚を良好な状態に保ち続ける事が出来るようにケアを続けています。

食事で注意することや予防法

注意点

乾癬という病気は遺伝や生活習慣など様々な要因が関係しています。発症を完全に抑制することは難しいものの、日々の食生活において良質で栄養バランスの整った食事をさせて上げる事で、愛犬の免疫力や体力を維持するよう心がけておくことが大切です。

ドッグフードを選ぶ時は、犬の健康に好ましくない成分が配合されている製品は選ばないこと、愛犬の体質にあった製品を選ぶこと、不足している栄養分はサプリメントなどを活用し補ってあげる事が必要です。

*このコラムは大谷幸代先生に記事を作成して頂きました。

トリマーさん

【大谷幸代先生】

愛玩動物飼養管理士

青山ケンネルスクール認定 A級トリマー メディカルトリマー

学生時代にイギリスへドッグトレーニングの勉強のため、短期留学。その後、ペットショップ販売員、トリマー、ドッグトレーナー、ペットシッターなど様々な仕事を経験してきた。ホリスティックケアアドバイザーや日本アロマテラピー協会認定アロマテラピーインストラクターなどの資格も取得。ペット関連用品の開発、雑誌などへのコラム執筆を手がけるなど、【犬を飼う生活から、犬と暮らす生活へ】の実現をめざし、幅広く活躍している。

PS. ワンちゃん、猫ちゃんの免疫力をサポートするアガリクスについて、解りやすくマンガで説明します

【マンガで解るアガリクス~ペットの免疫編~】

hpbn03s

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクスの効果【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】