肺腺腫を患っている猫(6歳)余命宣告後にサプリを飲ませて、、【口コミ・体験談】

肺腺腫を患っている猫(6歳)余命宣告後にサプリを飲ませて、、

(肺腺腫、猫、6歳)

お客様からうれしいお声をいただきました!

ねこ

近藤様 (猫 カイちゃん MIX 6歳)

キングアガリクスに大変感謝しております。
6歳のうちの子は天真爛漫。
子猫のように無邪気で可愛い娘のような存在です。

胸腺腫を患っており、手術も大変困難で、抗がん剤・放射線治療ともに適応外とのことで余命1ヶ月を宣告されました。
その当時はトイレ以外ぐったりと人間のいないところで寝たきりで、
ご飯も食べず、見る間に痩せ細り、もう今にも死ぬような雰囲気でした。

なんとか最期まで少しでも穏やかに過ごして欲しくてアガリクスをあげ始めました。
すると驚いたことに少しずつ食欲が回復してきたのです。
食べる量自体はなかなか増えないので、体重も減ったまま軽いのですが、
食べることで体力も回復し、免疫も上がったのか、余命の1ヶ月を乗り越えました。

そしていまそれからさらに2ヶ月が経過しました。
アガリクスを与え始めてからは3ヶ月が経過しています。

食べられなくなっていたドライフードが食べられるようになり、足元がしっかりして、おりられなくなっていた階段も登り降りできるようになりました!
元気だった頃によく私たちが食べているものを欲しがっていたカイですが、写真のように手を伸ばしてちょうだいをするまでに元気になっています!

腫瘍が治りつつあるわけではないようで、今でも一日に1回ほど呼吸困難の発作は起こります。が、腫瘍の成長は抑えられているのではないかと推察します。

いずれ別れの時が訪れるのは免れないと思いますが、それが出来るだけずっと先であることを願いつつ、キングアガリクスを毎日朝夕、一日1粒あげ続けています。

死を覚悟した後に、元気になった姿をまた見られるなんて…布団の中に潜り込んで一緒に寝る習慣も復活して毎晩嬉しくて涙が出てきます。
キングアガリクスにはほんとうに感謝しています。ありがとうございます。
(できれば定期購買の場合、送料無料になればもっと嬉しいのですが)

サンプルプレゼント【今だけ、先着300名様に味見用サンプルを無料でプレゼントしています】

動画で解るアガリクス【動画で解るアガリクス】

マンガで解るアガリクス【ペットのカビの病気が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの免疫力が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】