ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ、アロペシアX)に効く薬はあるの?原因や予防法は?【動物看護師執筆】

執筆者:山之内さゆり先生

動物看護士・トリマー

ポメラニアンは脱毛症(ポメハゲ、アロペシアX)を引き起こしやすい犬種であり、脱毛症の半数以上はポメラニアンであるとも言われています。

もし飼っているポメラニアンが脱毛症(ポメハゲ)になったらショックですよね。

そこで、今回はポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)になった場合効く薬はあるのか?原因や予防法はあるのか?についてお伝えします。

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)に効く薬はあるの?

ポメラニアンが脱毛症(ポメハゲ)になってしまったら一刻も早く治療をして、またふわふわの毛並みと毛量を取り戻してあげたいですよね。

そのためにも必要となる薬ですが、実はポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)に効く薬というのは厳密にはまだ存在しません。

ただし、これは絶対に治らないという意味ではなくポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)と診断されたからと言っても、それに必ず効く薬があるわけではないということを意味しています。

ちょっと難しいかも知れませんが、なぜ厳密にポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)に効く薬がない、という結果になるのかは次の原因を知ると少し納得できるかも知れません。

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)の原因と症状

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)の原因は一般的な皮膚疾患のように、炎症やアレルギー、湿疹や感染といったものではありません。

では、何が原因になっているのかというと実はそれが分からない、いわゆる原因不明の皮膚疾患なんです。

たとえば、食物アレルギーであれば食事をアレルギー食に切り替え生活環境のアレルゲンを排除するといった対処・治療を行い、細菌感染による炎症であれば抗生剤・抗炎症剤などを使って治療します。

しかし、ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)はいったい何が原因になっているのかが不明なため、特定の治療法や薬というものがないのです。

では、なぜポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)は原因不明といわれているのかというと、それは症状を見るとわかります。

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)の症状は、かゆみや炎症・湿疹といった症状は一切ありません。

見られる症状は、左右対称の脱毛や頭と足以外の全体的な脱毛。そして、皮膚・被毛の乾燥によりまるで老犬のような状態になります。

ただただ脱毛して毛が薄くなるだけなので、見た目を気にするかしないかの問題と言ってしまえるくらいです。

ただ、かゆみや炎症もなく純粋に脱毛をするだけなので内分泌ホルモンの異常ではないか?といった見解をする獣医師も少なくありません。

ですから、ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)であるとした場合、内分泌ホルモンに働きかける薬やサプリメントを処方することもあります。

しかし、先述したようにポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)に効く特定の薬というものはそもそも原因が不明なので存在せず、あくまでも可能性に対して試してみるといった治療になるのです。

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)の予防法

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)は原因不明の脱毛症なのでアロペシアX(アロペシア→脱毛症 X→不明)と言われることもあります。

また、この名称以外にも内分泌ホルモンの異常の可能性から偽クッシング症候群と呼ばれるなど、原因の可能性に対する名称がつけられているのも特定の原因がわかっていない何よりの証拠。

いずれにしても原因はもしかしたら…といった可能性でしかないのですが、だからといって予防法がないわけでもないのです。

良質な食事を与える

毎日の食事は健康な体づくりに欠かせないもののひとつですが、同時に一番お金がかかってしまう部分でもあるためつい安いドッグフードを選びがち。

値段と質は比例するというように、ポメラニアンの食事も安いものを与えていれば免疫力・抵抗力に弱い体になってしまいます。

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)は原因不明だとはいえ、少なくとも免疫力・抵抗力が強い体づくりをしていれば発症率や回復力にも影響を及ぼすことは間違いありません。

もしどんなドッグフードを選んであげたらいいのかわからない…ということであれば、もし特定の疾患を抱えてないならスキンケア用のドッグフードがおすすめです。

もし一般食から選ぶのであれば1kgあたり1,000円以上のものを基準に選ぶといいですが、一番のおすすめは動物病院で売られているスキンケア用の処方食を使うこと。

本来処方食は獣医師の診察と診断のもとで処方されるものですが、スキンケア用の処方食は皮膚トラブルの予防としても使えるものです。

そのため、皮膚トラブルを抱えていなくても特別な疾患を抱えていなければ日常食として使うことができます。

ただし、特別な疾患を抱えている場合はその疾患に適した食事などがあるため、自己判断ではなく使っても問題ないか一度診察してもらい、お墨付きをいただいてから購入するようにしましょう。

サプリメントの使用

免疫力や抵抗力をアップすることができれば、自然に皮膚・被毛の状態も健康にすることができます。

そのために毎日の食事から気を配ってあげることがとても大事ではありますが、いきなり食事を変えるのは難しいといったこともあるでしょう。

そんなときは、アガリクスのような免疫力・抵抗力をアップしてくれるようなサプリメントを使うのもおすすめです。

今与えているドッグフードが仮にあまり良質とは言えないものであったとしても、そこにサプリメントをプラスすることで免疫力・抵抗力アップの底上げをすることはできます。

もちろん、良質なドッグフードを与えている場合でもサプリメントの利用は効果的。

ただし、選ぶサプリメントも良質な原料が使われているものを選びあまりにも安価なものは避けるようにしましょう。

トリミングでバリカンを使わない

ポメラニアンは本来全身を短くカットするような犬種ではありませんが、家庭用の愛玩動物として飼われることで抜けがが気になるという飼い主さんは非常に多いです。

この抜け毛をどうにかしたい一心で全身短くカットしてもらいたいという声は多いのですが、もし全身をカットするのであればバリカンで短くカットすることは避けることをおすすめします。

というのも、ポメラニアンの脱毛症はただ毛が抜けるというだけではなく、抜けた毛や短くなった毛を育てる力が不足していることも原因として考えられています。

つまり、短くすることでもとにまた元の状態に戻るという保証もなく、何ヶ月も毛が伸びなかったりボソボソとムラになって生えてくる可能性があるのです。

特にバリカンを使って短くしてしまうとその後何ヶ月も元に戻らなかった…といった例は少なくありません。

ただ、足裏の毛のカットはその影響を受けずバリカンでキレイにカットしてもすぐに伸びるのですが、体や尻尾といった部分にバリカンをあてて短くするとそうした現象が起こります。

もし、毛があってもなくてもいいしむしろ無くても良い…くらいの気持ちであればバリカンで毛をカットしてもいいと思いますが、短い時期と長い時期を楽しみたい、ずっと毛がなかったりムラになるのは嫌だということであれば、脱毛症の予防も含めてバリカンでカットするのはやめておきましょう。

スキンケア系のシャンプーとトリートメントを使う

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)の特徴として皮膚の乾燥があります。

皮膚が乾燥することでバリア機能が低下しさらに脱毛を促進させてしまうので、もしポメラニアンが脱毛症になってしまったら使うシャンプー剤も気を付けたいところ。

ですが、脱毛症になっていなくても普段からスキンケア系のシャンプー剤を使ってシャンプーをしてあげることで、皮膚・被毛ともに健やかに保つことができます。

また、合わせてスキンケア系のトリートメントを使うことでしっかりと保湿することができ、毛もつれや外部からも守ってあげることが可能になるためおすすめです。

できるだけ毎日ブラッシングをする

毎日のブラッシングは皮膚の新陳代謝のアップにつながり、被毛が非常にツヤやかになるだけでなく毛もつれ・毛玉の予防にもなるのでおすすめ。

ブラッシングが直接的な脱毛症の予防につながるわけではありませんが、ブラッシングをしていなかったがためにひどい毛もつれ・毛玉を作ってしまい、それを取るために施術を行なった結果毛が薄くなったりハゲてしまった…ということもあります。

また、毛もつれや毛玉がひどい状態で皮膚の上に残ってると皮膚の通気性が悪くなり、マラセチアなどの菌が繁殖しやすい環境にもなるため、皮膚病予防の観点からもできるだけ毎日ブラッシングをしてあげましょう。

とはいえ、仕事や家事などで忙しいといった場合やブラッシングを嫌がってできないといったこともあると思います。

もし忙しくてできないということであれば、抱っこしているときに撫でてあげる手をブラッシングに持ち替えてできる範囲でやるのもいいでしょう。

また、なにも一度に全身をブラッシングする必要はなく、今日は背中明日はお尻、その次の日はしっぽ、というように少しずつケアするのもおすすめです。

一方でブラッシングを嫌がってできないという場合は、寝ているときに体だけブラシを通してみるといった方法も有効的です。

すべてをやろうとすると大変だと思いますが、できるときにできる範囲で少しずつやるのとまったくやらないのとでは結果も違ってくるので、無理のない範囲でケアしてあげてみてください。

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)に効く薬はあるの?原因や予防法は?まとめ

ポメラニアンの脱毛症(ポメハゲ)は原因不明の脱毛症なので、それに効く薬があるとは言えずあくまでも考えられる可能性に対して試してみる…と言った方が正しいのが現状ですが、それでも可能性に対して働きかけることで改善するケースも少なくありません。

また、原因は不明ではあるものの日常生活のなかで免疫力・抵抗力をあげることで、脱毛症だけでなく多くの病気に対しても予防することができます。

何が原因で脱毛症になってしまうのかはわかりませんが、ありとあらゆる可能性を消すことができれば診断・治療にも早い展開が見込めるので、もしもの備えの意味でもできる予防はできるだけしてあげるようにしましょう。

執筆者:山之内さゆり先生

山之内先生

トリマー、動物看護士

10年間動物病院でトリマー兼動物看護士として勤務。

現場で得た知識と経験を情報として発信し、飼い主さんとペットが幸せに暮らせるためのお手伝いをしていきたいと思います。

サンプルプレゼント【今だけ、先着300名様に味見用サンプルを無料でプレゼントしています】

動画で解るアガリクス【動画で解るアガリクス】

マンガで解るアガリクス【ペットのカビの病気が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの免疫力が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】