ダックスフンドの指間炎とは?3つの原因と気をつけたい3つのポイント【小動物看護士執筆】

ダックスフンドの指間炎とは?                                  愛犬が指間炎になった時に気をつけたいポイント

 

執筆者:國澤莉沙先生

愛玩動物飼養管理1級、ホームドッグトレーナー1級、小動物看護士

短足胴長の身体つきが愛らしいダックスフンドはドイツ原産の犬種です。元はアナグマ猟をしていた立派な猟犬であり、ミニチュアダックスフンドは愛玩犬としても人気ですが、猟犬特有の賢さを併せ持った飼い主に従順な犬種です。

見た目の愛らしさとしつけしやすい賢さで日本でもペットとして人気の犬種ですが、皮膚病が多い犬種でもあります。特に短い脚が指間炎になってしまうと歩行困難になってしまい、腰にも負担をかけてしまうので要注意です。ダックスフンドが指間炎になってしまった時の対処法についてご紹介いたします。参考にどうぞ。

指間炎について

皮膚のトラブルは動物病院の受診理由としても多いですが、中でも指間炎は全犬種がかかる可能性が高い皮膚炎です。その病名の通り、傷口などから菌が侵入して指の間に感染症が発症する病気です。また、指の間や肉球が炎症しまうため犬は違和感を感じやすく、舐めたり噛んだりして悪化してしまうことも多いので注意が必要な皮膚炎になります。原因は様々ですが外傷から菌が侵入したり、ほかの皮膚炎から指間炎を併発することがあります。

主な症状とは?

指間炎は指の間やパッド裏と呼ばれる肉球部分が炎症してしまい、膿がでたり腫れたりしてします。炎症がひどくなると痛みやかゆみがでるため、愛犬が違和感を覚えて炎症部分を舐めたり噛んだりするので、悪化しやすくなります。さらに重症化すると脚全体が腫れ上がってしまい、歩行困難や発熱・跛行などの症状が見られます。特にダックスフンドの場合は胴長短足の身体からヘルニアにも注意が必要であり、歩行困難は腰にも負担をかけるのが怖いですね。

さらには炎症を起こしている菌が全身に回ってしまうと下痢や嘔吐、痙攣や意識障害など命に関わる全身症状が現れる可能性もあるので、早急な対応が必要です。

ダックスフンドが指間炎にかかる原因とは?

指間炎の原因は様々であり、いくつかの要因があります。愛犬に異常が見つかった場合には早めに動物病院を受診して、早期に原因を特定して治療することが大切です。主な考えられる原因を紹介します。

①マラセチア皮膚炎などの病気

上記のような被毛の特徴から柴犬は湿気を被毛に溜め込みやすく、皮膚炎にかかりやすい犬種と言われています。他の皮膚炎にかかっていると指間炎にもなりやすく、また身体の免疫力も低下しているため完治までに時間がかかる可能性があります。指間炎を併発している場合には、指間炎の治療とともに引金になっている皮膚炎の治療を同時に進める必要があります。

②免疫機能の異常・遺伝的な疾患

免疫機能の異常とは自分の免疫機能がなんらかの異常をきたしてしまい、破壊行動を起こすことにより、抵抗力が下がってしまい菌が感染して指間炎になってしまいます。破壊行動がどの箇所で起きているのかを特定して、治療にあたる必要があるので、早期に動物病院にて検査をしてもらいましょう。遺伝的に皮膚病になりやすい傾向にあるのもダックスフンドの特徴です。ダックスフンドの毛質にはスムースとロングの2種類がいますが、スムースの子も皮膚病になる可能性があります。

また、親犬などが指間炎になったことがある場合には遺伝時にも指間炎になりやすい場合もあるのでダックスフンドをお迎えする前にチェックすることがおススメです。

③ケア不足や過剰なケア

ブラッシングは愛犬の健康状態を知るためにはとても大切なケアです。ロングのダックスフンドには毎日行いたいケアではありますが、何事もやりすぎは毒になります。過剰なブラッシングで皮膚を傷つけてしまうとそこから菌が入り込み感染して指間炎になってしまいます。逆にブラッシン不足になると皮膚の新陳代謝が悪くなり、いつまでも古い被毛や角質が排出されずに不衛生な状態になり菌が増殖します。さらに毛玉は菌の温床になってしまうのでさらに皮膚炎の原因になります。

指間炎の治療方法

指間炎になってしまった時の主な治療方法を紹介します。その子によって治療方法は異なるので、早めに動物病院を受診して獣医さんと相談しながら治療していきましょう。

指間炎の治療には抗生物質を使用する場合が多いです。内服薬と外用薬を使用して炎症を鎮める治療を行います。傷口から膿が出たり、出血などしている場合にはテーピングなどをして傷口を保護します。キツくテーピングしてしまうと関節を痛めたり、骨の変形につながります。獣医さんに相談して正しく保護しましょう。

また、指間炎は愛犬が傷口を舐めてしまうことが多いのでエリザベスカラーなどを指して舐めるのを防いで、傷口が悪化しないようにします。傷口がある程度綺麗になってきたら、薬用シャンプーなどで皮膚状の菌のバランスを整えるために薬浴をすることもあります。薬浴は自己判断で行うと悪化してしまう場合もあるので、必ず獣医さんの指示のもと行うようにして下さい。またバランスの良い食事を心がけて低下してしまった免疫力を高めることも大切です。

身体の免疫力を高めるためには?

身体の免疫力をアップさせるにはサプリメントなどを上手に与えて、栄養バランスの取れた食事を与えることがポイントです。特に皮膚に良い効果が期待できるオススメなサプリは「アガリスク茸」を使用した商品です。

アガリクス茸には老廃物を吸着して身体からの排出を助ける効果が高いとされています。また、身体に必要なビタミン・ミネラル・酵素が豊富に含まれており、免疫力の向上に効果が期待できます。人のサプリメントにも使用されているアガリクス茸の豊富な栄養素はわんちゃんにも有効です。乳酸菌などを使用して腸内環境をととのえてあげることも良いでしょう。

ダックスフンドが指間炎のときに気をつけたいこと

愛犬のダックスフンドが指間炎になったときに気をつけたいことを紹介します。お家でのケアの参考にどうぞ

①飼育スペースを清潔に保つ

指間炎を発症しているときには免疫力が低下しているため他の病気を併発する場合があるので、注意が必要です。特に指間は他感染症が発症しやすい部位です。治療とともに飼育スペースを清潔に保ってあげることが重要です。飼育スペースに愛犬のフケや抜け毛があると菌が繁殖しやすくなります。飼育スペースの掃除、消毒を徹底して清潔に保つようにしましょう。飼育スペースの消毒には次亜塩素酸水が有効です。次亜塩素酸は人のウイルス除去にも使用されているものですが、次亜塩素酸と水しか使用していませんので、わんちゃんが舐めても安心です。

②愛犬がストレスフリーで過ごせるようにしましょう。

指間炎は指先などの敏感なところが炎症するため違和感を感じやすく、ストレスを感じやすいです。また、エリザベスカラーなどもその子によっては嫌がることもあり、ストレスから下痢をしたり食欲不振になってしまうこともあります。ダックスフンドは痛みに強く、丈夫な子も多いですが環境の変化に敏感な子もいます。

指間炎の治療中は愛犬がストレスを感じないようにおやつを与えたり、飼い主さんとのスキンシップでストレスフリーで過ごせるように心がけましょう。お気に入りの場所で快適に過ごせるように温度や湿度を適温にしてお気に入りのおもちゃなどを与えることもおススメです。辛抱強い側面もありますので、優しく声かけをしながら薬を塗りましょうね。

③愛犬のペースで治療を

指間炎で炎症して腫れてしまった脚は痛いので、触られるのを嫌がるのもわかります。普段から身体中どこを触っても嫌がらないように愛犬とコミュニケーションをきちんととって信頼関係を築いておくことが大切です。そして上手に治療させてくれたらたくさん褒めて嫌なことをしているのではないと愛犬に教えてあげることもポイントです。

もし、ストレスによる食欲低下などが見られる場合には焦らずに痛みを軽減してストレスの原因を取り除いてあげることが重要です。再発しやすい皮膚炎でもあるので、根気強く治療しましょう。

指間炎にならないために、予防や日ごろのケアのポイント

指間炎にかかってしまった時の対処方法を紹介してきましたが、できれば日常から予防をしてこれらの皮膚病を避けたいものです。日頃からできる指間炎の予防についてご紹介します。

①ブラッシングをしっかりして換気をしてあげる

日常のケアにブラッシングを取り入れて被毛に湿気がたまらないように換気してあげることが重要です。

余分な毛を除去してブラッシングで皮膚をマッサージすることで、新陳代謝が活発になり古い被毛を落としやすくします。また、日頃からブラッシングをしていれば愛犬の被毛の健康チェックもしやすく少しの異常にも気づくことができるので早めに対処することが可能です。指間炎は重症化すると完治するまでに時間がかかりますが、早期発見することで愛犬のストレスを軽減して完治させることができます。

②脂っこい食事は避ける

普段から脂っこい食事ばかりとっていると皮脂の分泌も多くなり、毛穴が詰まりやすくなります。毛穴が詰まると皮膚が不衛生になるので、皮膚炎にもかかりやすくなります。また、肥満の原因にもなり他の病気にもかかりやすくなるので、脂肪の取りすぎには注意してバランスのとれた食生活を心がけましょう。サプリメントなどを上手に活用して普段の食事からは摂取しにくい栄養素を補うこともおススメです。

最近ではフレーバーがあるサプリメントもあるのでおやつの代わりとして与えることもできますよ。

③指の間を定期的に観察する

時間炎は気付きにくく、重症化しやすい皮膚炎でもあります。そのため日頃から愛犬の脚の裏を観察するようにして清潔に保つようにしましょう。特に梅雨時期や夏場などの湿気のたまる時にはパッド裏は蒸れやすいので、被毛の換気を心がけましょう。

時間炎は一度なってしまうと繰り返すことが多い皮膚炎ですので、ならないように努めることがポイントですね。

ダックスフンドの指間炎まとめ

ダックスフンドが指間炎になってしまった際の対処方法について紹介しました。指間炎はかかると歩行異常などが出やすいので早めに対処してあげたい病気です。

特に湿気の多いこれからの時期は指間炎によりなりやすくなるので要注意ですね。ダックスフンドは合わせてヘルニアなどの腰の病気にも気をつけたい犬種ですので、丈夫な足腰を作れるようにサプリメントなどで栄養を補ってあげることが大切になります。ダックスフンドの飼い主さんの参考になれば幸いです。

執筆者:國澤莉沙先生

愛玩動物飼養管理1級、ホームドッグトレーナー1級、小動物看護士等の資格を所持。

つくば国際ペット専門学校・ドッグトレーナーコースを卒業後、つくばわんわんランドの飼育員として5年間勤務。現在は主婦として、育児をしながら動物系の記事を執筆しております。猫・犬ともに大好きです。

サンプルプレゼント【今だけ、先着300名様に味見用サンプルを無料でプレゼントしています】

動画で解るアガリクス【動画で解るアガリクス】

マンガで解るアガリクス【ペットのカビの病気が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの免疫力が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】