パグのマラセチア皮膚炎の原因、症状、治療法やケアする時の3つのポイント【小動物看護士執筆】

パグのマラセチア皮膚炎とは

執筆者:國澤莉沙先生

愛玩動物飼養管理1級、ホームドッグトレーナー1級、小動物看護士

はじめに

中国が原産国であるパグは短鼻種と言われる鼻ぺちゃ犬の一種です。人間味溢れる仕草とどこか憎めない容姿から人気の犬種でもあります。陽気な性格で運動も大好きなパグは意外と活発で、飼い主さんと遊ぶことが大好きです。

そんな魅力的なパグはファンも多く、一定数飼育されている犬種ですが、皮膚病に気をつけたい種類でもあります。特にパグがなりやすいマラセチア皮膚炎の特徴とパグがマラセチア皮膚炎になった際に気をつけたいことを紹介します。パグの飼い主さんやマラセチア皮膚炎にお困りの方の参考になれば、幸いです。

マラセチア皮膚炎について

犬の皮膚トラブルは動物病院の受診理由としても多いですが、中でもマラセチア皮膚炎はポピュラーな皮膚炎であり、重症化すると治るのに時間がかかることがあるので、見つけたら早めに治療したい皮膚炎になります。

マラセチア皮膚炎は常在菌で真菌の一種です。身体の抵抗力がなにかの原因で低下すると皮膚上で異常繁殖をしてしまい、マラセチア皮膚炎になります。健康な犬では、菌はバランスを取っているので悪さをすることはありませんが、他の皮膚炎や病気などが原因で皮膚のバリア機能が落ちると繁殖しやすくなります。

主な症状とは?

好発部位は脇の下や耳の後ろ、お腹・脚の先などに発症しやすいです。主に被毛の脱毛が見られ、激しいかゆみと発疹ができます。

また、マラセチア皮膚炎の特徴として発症した箇所はフケやベタつき、独特のにおいがあります。酵母菌の仲間であるマラセチア菌は発酵したようなにおいがします。

さらにはかゆみから激しく掻いてしまうと、傷口から二次感染を起こしてしまい膿や出血が見られ、炎症が酷くなると下痢や嘔吐などの症状が見られるようになり、命の危険もあるので早めに対処が必要です。

特にパグは顔にシワがあり、シワの間に湿気が溜まりやすく、マラセチア菌が繁殖しやすいです。謝ってかいた時に目を傷つけてしまうと失明などの危険もあるため、顔周りの感染にも注意しましょう。

パグがマラセチア皮膚炎にかかる原因とは?

マラセチア皮膚炎は全犬種かかる可能性があるポピュラーな皮膚炎ですので、さまざまな原因があります。特にマラセチア皮膚炎の原因になりやすいものを紹介します。

①シャンプーの濯ぎ残し

自宅やトリミングサロンでは定期的に手入れをしますが、シャンプーの濯ぎ残しにより、マラセチア皮膚炎になる可能性もあります。また、十分に乾かしていないと菌が繁殖してしまい、蒸れてマラセチア菌が繁殖しやすくなります。特に自宅シャンプーは泡の濯ぎ残しがあったり、完全に乾かすのを怠りがちです。

せっかくキレイにシャンプーをするのですから、全身しっかり乾かして皮膚を健康に保ちましょうね。パグはシワが多い犬種ですので、頭から首や脇の下などはしっかりすすぐように意識しましょう。

②他の皮膚炎や病気

マラセチア皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下してしまい、身体の免疫力が低下するとかかりやすくなります。

甲状腺機能低下症や他の皮膚炎にかかると身体の菌のバランスが崩れやすくなり、マラセチア皮膚炎になることがあります。

他の皮膚炎や病気が原因の場合は根本的な原因となっている病気の治療を行います。

③毛玉やブラッシング不足

ブラッシングは愛犬の健康状態を知るためにはとても大切なケアです。パグは短毛のため長毛種よりブラッシングの機会も少ないかもしれません。

できれば一週間に数回は行うことが重要であり、ブラッシング不足になると皮膚の新陳代謝が悪くなり、いつまでも古い被毛や角質が排出されずに不衛生な状態になり菌が増殖します。

さらに毛玉は菌の温床になってしまうのでさらにマラセチア皮膚炎の原因になります。

この時に顔のシワの汚れも濡れタオルで優しく拭き取ってあげましょう。

マラセチア皮膚炎の治療方法

マラセチア皮膚炎になってしまった時の主な治療方法を紹介します。その子によって治療方法は異なるので、早めに動物病院を受診して獣医さんと相談しながら治療していきましょう。

マラセチア皮膚炎の治療は異常繁殖してしまったマラセチア菌を少なくして皮膚の菌バランスを正常にすることがポイントです。そのためにまずは炎症を抑えるために抗生物質を使用する場合が多いです。

内服薬と外用薬を使用して炎症を鎮める治療を行います。かゆみが強い場合にはステロイド剤を用いてかゆみを抑えながら同時に菌バランスを整えていきます。

ステロイド剤を使用することに抵抗がある飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、正しく使用すれば大きな効果を得ることが可能です。かかりつけの獣医さんに相談して正しく保護しましょう。

また、傷口がある程度綺麗になったら薬用シャンプーなどで皮膚状の菌のバランスを整えるために薬浴をすることもあります。薬浴は自己判断で行うと悪化してしまう場合もあるので、必ず獣医さんの指示のもと行うようにして下さい。またバランスの良い食事を心がけて低下してしまった免疫力を高めることも大切です。

身体の免疫力を高めるためには?

身体の免疫力をアップさせるためにはサプリメントなどを上手に与えて、栄養バランスの取れた食事を与えることがポイントです。毎日の食事だけでは補えない栄養を手軽に摂取できます。

特に皮膚に良い効果が期待できるオススメなサプリは「アガリクス茸」を使用した商品です。アガリクス茸には老廃物を吸着して身体からの排出を助ける効果が高いとされています。

また、身体に必要なビタミン・ミネラル・酵素が豊富に含まれており、免疫力の向上に効果が期待できます。人のサプリメントにも使用されているアガリクス茸の豊富な栄養素はわんちゃんにも有効です。

パクがマラセチア皮膚炎のときに気をつけたいこと

愛犬のパグがマラセチア皮膚炎になったときに気をつけたいことを紹介します。お家でのケアの参考にどうぞ。

①飼育スペースを清潔に保つ

皮膚炎を発症しているときには免疫力が低下しているため他の病気を併発する場合があるので、注意が必要です。特にマラセチア皮膚炎は他の皮膚炎と併発しやすい面があります。

治療とともに飼育スペースを清潔に保ってあげることが重要です。飼育スペースに愛犬のフケや抜け毛があると菌が繁殖しやすくなります。飼育スペースの掃除、消毒を徹底して清潔に保つようにしましょう。

飼育スペースの消毒には次亜塩素酸水が有効です。次亜塩素酸は人のウイルス除去にも使用されているものですが、次亜塩素酸と水しか使用していませんので、わんちゃんが舐めても安心です。

②愛犬がストレスフリーで過ごせるようにしましょう。

マラセチラ皮膚炎はかゆみが強く愛犬にストレスがかかりやすい皮膚炎です。ストレスから下痢や嘔吐、食欲不振などになってしまうとさらに治りも遅くなります。

できるだけ愛犬のそばにいてあげてたくさん声をかけてあげましょう。なにより、飼い主さんとのコミュニケーションは愛犬にとっての癒しになりますよ。

薬などをうまく塗らせてくれたらおやつなどを与えて嫌な印象をつけないようにすることも大切です。愛犬のベッドなどにはお気に入りのおもちゃや毛布をセットして愛犬が落ち着ける環境を作ってあげましょう。

③愛犬のペースで治療を

マラセチラ皮膚炎は独特のにおいやベタつきがあるので、飼い主さんも気になってしまいます。炎症がひどいと触られるのを嫌がり傷口をケアしようとしたらガブリ!!なんて危険もあります。

特にパグは自分をはっきりと持っていて、頑固なところがあるので声を頻繁にかけてリラックスしてからケアしてあげると良いでしょう。

普段から身体中どこを触っても嫌がらないように愛犬とコミュニケーションをきちんととって信頼関係を築いておくことが大切です。

そして上手に治療させてくれたらたくさん褒めて嫌なことをしているのではないと愛犬に教えてあげることも重要です。

マラセチア皮膚炎にならないために、予防や日ごろのケアのポイント

マラセチア皮膚炎にかかってしまった時の対処方法を紹介してきましたが、できれば日常から予防をしてこれらの皮膚病を避けたいものです。日頃からできるマラセチア皮膚炎の予防についてご紹介します。

①バランスのとれた食事を

パグは食欲旺盛であり、なんでもよく食べます。よく食べるからといっておやつをあげすぎてしまうと肥満の原因にもなり、身体にもよくありません。

肥満になると身体の血流が悪くなり、身体の分泌物も多くなるため脂っこい肌になりやすくなります。

皮膚にマラセチアのエサがたくさんある繁殖しやすい状態になってしまうので、脂肪を取りすぎないようにビタミン・ミネラルをバランスよく摂取して肥満にならないようにしましょう。肥満は他の病気の原因にもなるので、健康的な生活を送るためには、避けたいですね。

②普段から皮膚炎になりやすい場合は定期的な薬浴を

マラセチア皮膚炎にならないためには皮膚の黄金バランスを整えることが大事です。一度マラセチア皮膚炎や他の皮膚炎になると、再発しやすくなります。

もともと皮膚が弱い愛犬は獣医さんに相談しながらノルバサンシャンプーやサルファシャンプーを使用して薬浴でケアしてあげると皮膚炎の予防になります。

上記で紹介しましたが、薬浴は獣医さんの指示通りに行います。特にパグは皮膚炎が多い犬種とも言われています。再発することもあるので、上手に付き合っていきたいですね。

③身体が脂っぽくないか観察する

パグはオイリー肌の子が多い犬種でもあります。マラセチア菌は酵母菌の一種ですので、皮脂や角質をエサに繁殖します。ベタつきなどをチェックしてマラセチア皮膚炎になりかけていないか状態をチェックしましょう。

食事もなるべく添加物を使用していない自然な味付けのものを選んであげると皮膚が脂っぽくなるのを防ぐことができます。そのためにはバランスの良い食事を心がけて、サプリメントなどを上手く活用してみます。

パグのマラセチア皮膚炎まとめ

パグがマラセチア皮膚炎になってしまった際の対処方法について紹介しました。マラセチア皮膚炎はかかると独特のにおいやフケなどが出るため見た目にも痛々しいですよね。

再発のリスクもあるので、早めに対処してあげたい病気です。

特に梅雨時期や夏などの湿気が溜まりやすい時期には注意したい皮膚炎です。

一度マラセチア皮膚炎になると爆発的に菌が増えて、重症化してしまうので早め早めの対応が大切です。マラセチア皮膚炎を予防する参考にしてくださいね。

執筆者:國澤莉沙先生

愛玩動物飼養管理1級、ホームドッグトレーナー1級、小動物看護士等の資格を所持。

つくば国際ペット専門学校・ドッグトレーナーコースを卒業後、つくばわんわんランドの飼育員として5年間勤務。現在は主婦として、育児をしながら動物系の記事を執筆しております。猫・犬ともに大好きです。

サンプルプレゼント【今だけ、先着300名様に味見用サンプルを無料でプレゼントしています】

動画で解るアガリクス【動画で解るアガリクス】

マンガで解るアガリクス【ペットのカビの病気が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの免疫力が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】