ゴールデンレトリーバーの指間炎 予防のカギは免疫力アップ【動物看護士執筆】

執筆者:山之内さゆり先生

動物看護士・トリマー

黄金色の毛並みを揺らしながら無邪気に遊ぶ姿が愛らしいゴールデンレトリーバーですが、足裏を見てみると真っ赤になっていませんか?

パッと見だけだと異常なさそうにしていても、目につきにくい足の裏や指の間を痒がっているかも知れませんし、もしそうなら可哀想で早く治してあげいですよね。

そのためにはまず治療はもちろんですが、免疫力アップもしてあげたほうが繰り返しにくくなるので、その方法についてご紹介します。

ゴールデンレトリーバーが指間炎で可哀想なら免疫力をアップさせよう

ゴールデンレトリーバーの足裏を見てみると、何やら赤くなっているのに気付いたことありませんか?

そして、よく観察すると足裏だけではなく指の間も赤く、時々もしくは頻繁に舐めている様子が伺える。

そんなときまずは動物病院に連れて行って薬をもらって治療をしますよね。正しく治療をすることで早く治りますし、軽い指間炎なら深刻に考える必要もないかもしれません。

しかし、しばらくすると何かのタイミングでまた指間炎になっていたり頻繁に繰り返す場合は、一度免疫力について考えてみることをおすすめします。

指間炎になる原因はさまざまですが、正常な状態であればそう頻繁に指間炎になることはないのですが、気付けばまた指間炎になっているということが年に数回あるなら、免疫力が下がっている可能性があります。

特にゴールデンレトリーバーは皮膚疾患を患いやすい犬種であり、食物アレルギーなどに悩まされる子も多いため、その時だけの治療ではなく今後指間炎になりにくくするための免疫力アップも考えていきましょう。

ゴールデンレトリーバーが指間炎になりにくくするための免疫力アップ方法

ゴールデンレトリーバーは決して皮膚が強い犬種ではありません。どちらかというと皮膚トラブルを抱えやすく、食物アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などに悩まされがちです。

食物アレルギー性皮膚炎のような特定のタンパク質に反応することで起こるアレルギーの場合、食物アレルギー専用のドッグフードを与えることで症状が出ないようにすることはできますが、やはり免疫力が低いとちょっとしたことでアレルギー反応が起こることもあります。

こうしたアレルギーに関わらず、免疫力を高くしてあげることで指間炎のような皮膚トラブルも防ぎやすくなるので、次のような方法をぜひ試してみてください。

スキンケアに特化した保湿系のシャンプー・コンディショナーを使う

免疫力が低いと指間炎など皮膚トラブルを起こしやすいとお話しましたが、ここでいう免疫力は皮膚のバリア機能に対しても言うことができます。

指間炎を起こしているときに一般的なシャンプーを使うと刺激を受けやすく、さらに痒みや乾燥を招くことにもなりかねません。

また、指間炎が治まっていたとしても繰り返し指間炎になる場合は、皮膚が弱まっている可能性が高いため、スキンケアに特化したシャンプーを使ってケアしてあげた方がシャンプー後のトラブルも防ぎやすくなります。

そうしたときに使うべきシャンプーがアミノ酸など高保湿力のある保湿系シャンプーです。アミノ酸は体と同じ成分なので肌馴染みがいいのはもちろん、必要な油分は残して余分な汚れだけを洗い流してくれる優れた成分です。

一般的なシャンプーは汚れを落とすことに特化したシャンプーなので、皮膚が弱い状態にあるゴールデンレトリーバーがそうしたシャンプーを使うと、シャンプー後乾燥やフケを招いたり、指間炎が悪化することも十分あります。

せっかくキレイにしてあげようと思ってシャンプーをしたはずなのに、見た目はキレイになっても体にダメージを与えてしまっては可哀想ですよね。

また、どれくらい一般的なシャンプーが洗浄力が強いのかというと、乾燥に悩んでいる方やアトピーを持っている方が使うと、ドライヤーで乾かしている最中に大抵手がかゆくなりますし、特に肌トラブルを抱えていない方でも連続的に使い続けると肌荒れを起こすレベルです。

もちろん、一般的なシャンプーが悪いのではなく肌が弱い状態にあるときにが洗浄力に耐え切れず、肌荒れを起こしてしまうという意味なのでそこは誤解しないでくださいね。

しかし、これが保湿系シャンプーであれば皮膚に潤いを与えながら汚れを落としてくれるので、肌の弱い人でもシャンプー後かゆみや肌荒れを起こすことく使い続けることができることは間違いありません。

すなわち、人よりも肌が弱い犬にとっては皮膚を守ってくれるシャンプーにもなるため、指間炎を悪化させたり繰り返したりさせないためにも、保湿系のシャンプーを使ってあげることがおすすめです。

ただ、ゴールデンレトリーバーを自宅でシャンプーするのは非常に大変ですので、自宅でケアをするときには洗い流さないコンディショナーを使うと、人でいうハンドクリームのような形で使うことができるので簡単に保湿してあげることができます。

洗い流さないコンディショナーを使う際は、被毛ではなく皮膚に馴染ませることを意識します。手のひらに少量取り出して指の間まで伸ばし(ワックスを手のひらに伸ばすようなイメージ)、それから毛の奥深くに指から手のひらまで入れこんで皮膚全体に馴染ませます。

そうすることで皮膚はしっかり保湿されますし、伸ばしている過程で被毛も保湿されていくので全体的にムラなく潤いを与えることができますよ。

スキンケア系のドッグフードを与える

最近は健康志向が人間だけでなく犬に対しても強い飼い主さんは増えてきています。そのため、できるだけ無添加のものを選ぶようにしたり、多少高くても健康にいいものを選んであげたいと思っている飼い主さんは多いです。

しかし、実際どんなものを選べばいいのかわからないといったケースや、無添加で良質なドッグフードを与えているのに皮膚の状態があまり優れない…といったケースも少なくありません。

そこで、それぞれのパターンに対してお伝えしたいと思います。まずは何を選べばいいのかわからないといったケースです。

基本的には良質な原料が使用されたもの、すなわち原料名が○○類ではなく『りんご・とうもろこし・鶏肉・サーモン…』といったような明確な記載がされているものを選ぶようにします。

コストを削るために質の悪い原料を使っているとなかにはとても食材とは言えないようなものまで原料として使っているため、○○類といった記載をするしかなくそれでいて飼い主さんの購買意欲を高めるために、パッケージはとても美味しそうに表現して色鮮やかに魅せているのです。

そうした低品質なドッグフードは1kgあたり500円台や600円台からのものが多く手に取りやすい価格ではありますが、健康面を考えたとき、そしてすでに指間炎に悩まされているとき、体にダメージを与える食事でいいのでしょうか?

良質なドッグフードとなると1kgで1000円~1500円以上は確実にするため、手は伸ばしにくい気持ちはわかります。

ただ、良質なドッグフードを与えることで乾燥やかゆみと付き合い続けるストレスはぐんと減り、毎日が気持ちよく過ごせることを考えると決して高すぎるということはありません。

では、一方ですでに無添加や原料にこだわったドッグフードを与えているという場合はどうしたらいいのかというと、そうした方は一度動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

もしそこで食物アレルギー性皮膚炎など特別な皮膚疾患であれば処方食が必須となりますし、もしそうでない場合でもアレルギー食として使うドッグフードを日常食として使うこともできるので、一般食よりも優れたスキンケアが可能です。

ただし、スキンケア用の処方食を一般食として使用する場合は事前の診察が必要となるので、一度動物病院で相談するようにしたうえで1ヶ月はまずは続けるようにしてください。

皮膚が生まれ変わり目に見えた変化を感じるまでは、ターンオーバーの関係で1ヶ月はかかります。結果を急いで1週間や数日で判断するものではないので、そこだけは注意してくださいね。

免疫力アップに優れたサプリメントを使う

良質な食事に変えるだけでも皮膚のコンディションを整えることはできますが、それでも季節の変わり目や何かをきっかけに指間炎を引き起こすこともあります。

そんなときは免疫力を高めてあげることでさらにトラブルを引き起こす可能性を下げることができますし、皮膚だけではなく体全体の強さにもなるので病気にも強い体質づくりにもなるのです。

選ぶべきサプリメントは免疫力アップに優れたサプリメントで、ドッグフードと同じように良質なサプリメントを選ぶようにしましょう。

また、サプリメントは薬ではなくあくまでも必要なもの(ここでは免疫力)を補うための食品なので、実感としては緩やかでまずは1ヶ月を目安に続けることが大事です。

おすすめのサプリメントはアガリクスを使ったサプリメントで、個人的にはキングアガリクス100が無添加で体にも優しいので使いやすいと思います。しかも、使われている原料はアガリクスだけで他は一切何も加えられていないのもポイントが高いですね。

食事と同じように合ったサプリメントを探すのは大変だと思いますので、まずは身近で続けられるものから試してみるといいでしょう。

ゴールデンレトリーバーが指間炎で可哀想なら免疫力をアップさせようまとめ

ゴールデンレトリーバーは大きな体でも実は皮膚トラブルを抱えやすい犬種です。そして、大きいからこそ治療にかかる費用もそれなりに大きくなってきます。

繰り返す指間炎は時に二次感染を起こし指間炎だけの治療では済まないことがあるので、できるだけ日常からできるケアを続けるようにし、体質的に強くいさせてあげることが一番の治療です。

そのためにも、食事やサプリメント、シャンプーといったさまざまなものを利用して皮膚はもちろん体全体の免疫力アップをしてあげるようにしましょう。

執筆者:山之内さゆり先生

山之内先生

トリマー、動物看護士

10年間動物病院でトリマー兼動物看護士として勤務。

現場で得た知識と経験を情報として発信し、飼い主さんとペットが幸せに暮らせるためのお手伝いをしていきたいと思います。

サンプルプレゼント【今だけ、先着300名様に味見用サンプルを無料でプレゼントしています】

動画で解るアガリクス【動画で解るアガリクス】

マンガで解るアガリクス【ペットのカビの病気が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの免疫力が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】