パグのマラセチア皮膚炎の原因、症状、治療法【Mトリマー執筆】

愛玩動物飼養管理士

青山ケンネルスクール認定 A級トリマー

大谷幸代先生

パグのマラセチアについて

ころころとした体形と愛嬌のある顔立ちで誰からも愛される犬種がパグです。パグはその外見的なイメージから体が丈夫そう、病気とは無縁そうと思われることもたびたびあります。

でも実はパグはとてもデリケートは気質、体質を持つ犬種です。実際のパグと暮らしている方は大いにうなずかれていることでしょう。

今回は一旦発症すると辛い症状と相当なストレスをお引き起こすマラセチア皮膚炎についてお話をさせていただきます。
○パグのマラセチアの原因
マラセチア皮膚炎は皮膚の常駐菌であるマラセチア菌が一定数以上に増殖することで起こる皮膚トラブルです。

この菌は健康に暮らしているパグや他犬の体にも常に存在します。存在自体が病気の原因になるものでもない上に、過度なシャンプーで殺菌や滅菌を意識する必要もありません。

発症のきっかけは多々ありますが

  • 環境の変化(引っ越し、多頭飼い、家族構成の変化など)
  • 持病の悪化や手術
  • 食事の変化
  • 加齢

などストレスもその一つだと考えられています。

例えば生後間もない子犬の場合、母犬から離れペットショップへ移動したことが原因で発症することもあります。

高齢になってからは持病の悪化もストレスです。

また中には自身には過度なストレスがなかったものの、発症している犬と触れ合った、ペットホテルやトリミングショップを通じて間接的な触れ合いがあったことが原因になることもあります。

初期の時点では目立った症状がなく、軽い痒みが続くことから、中には発症に気が付かない方もいるものです。

もし愛犬が

  • 頻繁に体を掻く
  • 全身をくまなく掻く
  • 壁や床、アスファルトに全身をこすりつける
  • 寝ている最中に突然起き上がり、体を掻く

ということがあれば、動物病院へ相談をして皮膚検査を受けてあげましょう。

地肌が見えるほどの脱毛がみられる場合は早急な治療を開始してあげましょう。

マラセチアになりやすい犬種

マラセチア皮膚炎は犬の皮膚に常駐する菌が関係し発症します。

そのため、特定の犬種にだけ発症する症状ではありません。

ただ原因の1つに不衛生な皮膚や皮脂の過剰分泌が関係しているとも言われています。

その点からみるとパグは条件に当てはまるといえるでしょう。

パグと同様に皮脂が過剰に分泌されやすい体質の犬種は

  • シーズー
  • ペキニーズ
  • コッカー
  • キャバリア
  • シュナウザー

等を挙げることが出来ます。

長毛の犬種は一見パグとはまるで別タイプにも思えますが、実はみな同じように皮膚が皮脂でしっとりとしています。

パグの場合、体に触れた時に特有のしっとりとした感触があるのはこのためです。

もちろん皮脂には皮膚を守るバリアの役割もあるので、マラセチア皮膚炎対策にと頻繁に洗いすぎることは逆効果です。

また上記の犬種は、みな食欲が旺盛な点もよく似ています。

食欲が旺盛だから、好き嫌いがないから、どんなドッグフードでも喜んで食べてくれるから・・・つい安価なドッグフードを選んでしまっていませんか?

安価なドッグフードは原材料の素材、品質に問題がある場合は過剰油分を含んでいることが多々あります。この過剰な油分が原因で皮脂の分泌が増長することもあります。

パグは本来とてもデリケートな体質で、特に皮膚のケアには特別な注意が必要なことを意識しておいてあげましょう。

マラセチアの治療方法

マラセチア皮膚炎の治療は

  • かゆみを抑える
  • マラセチア菌の数値を正常値に戻す
  • 掻き壊しによる傷を治療する

という3つの段階が必要です。

なかなか治療の進行具合が目に見えないこともあり、治療にもどかしさを感じることもあるでしょう。

特に痒みが強い時期は、見ている家族もつらい者でしょう。

一般的に治療は

  • 飲み薬
  • 塗り薬
  • シャンプー

の3つを並行して行います。飲み薬はかゆみを静めたり、患部の化膿を防ぐ効果があります。シャンプーをすることで皮膚表面を殺菌し、正常に近づけ、症状によっては塗り薬で患部を直接ケアします。

マラセチア皮膚炎を発症すると、全身の被毛が抜け落ちる症状も現れます。

もともと短毛種のパグですが、症状の進行によって地肌が露出します。

残念ながら治療と終わりと被毛の生え揃いには時間差があり、被毛は完治後数か月以上たってから生え揃うことが多いようです。

治療中、露出した地肌は爪による引っかきや外部からの刺激でさらにダメージを受けることもあるので

薄手の洋服を着せる、サポーターやエリザベスカラーで患部を保護するなどの方法がおすすめです。

マラセチアのときに気をつけたいこと

マラセチア皮膚炎は初期は小さな円形脱毛状だったものの、数日、数週間で症状が全身に広がることも特徴の1つです。

その理由は、強い痒みから足先や口で患部に触れ、また別の部位に触れるを繰り返すことで、パグが自分自身で症状を拡大してしまうからです。

患部が広がることで、ますます痒みも脱毛も悪化するので、早急な対処をしてあげましょう。

完治するまでは

  • 決められた期間、必ず薬を飲ませる
  • 獣医師の指定する専用シャンプーで洗う
  • タオルや洋服、ベッドは清潔を第一に考える(菌の再付着を防ぐため)
  • シャンプー後はしっかりと乾燥させ生乾きを起こさない
  • 散歩帰りの足拭き、足洗いは乾いた布を用い、生乾きを予防する
  • 食事を見直し、成分、油分が適切なものを与える
  • 高齢の場合、不足しがちな栄養素をサプリメントで補う
    マラセチア菌は健康な犬であれば、体に付着していてもまるで症状が現れません。

症状が現れるということは、愛犬が何等かの原因で弱っているというサインです。

治療と並行していつもの生活を見直す、年齢にあったケアをすることで症状の早期改善、再発予防に取り組んであげましょう。

こんなことでマラセチアがよくなった花ちゃん

生後間もないころのしつけ教室から始まり、その後もずっと通い続けてくれている花ちゃんも実は一時期辛いマラセチア皮膚炎に悩まされていたことがあります。

花ちゃんが発症したのは、出産の前後の時期です。

花ちゃんは交配の為にブリーダー宅へ数日宿泊、その後出産育児と続き、体力の消耗、ストレス、免疫の低下とつづいたことが原因ではとご家族は考えられていました。

ただ花ちゃんの場合、初期の痒みや脱毛を出産によるホルモンバランスの乱れやストレスが原因と勘違いされてしまい、治療が遅くなってしまったという点も症状の悪化に拍車をかけていました。

花ちゃんの症状に周囲が気が付いたのは、子犬のワクチン接種のために動物病院へ付き添ったタイミングです。脱毛、痒み、皮膚の腫れは明らかに出産だけが原因でないことがわかり、そこから治療開始です。

幸いにもこの時点で離乳が済んでいたこともあり、飼い主様も毎日お店へシャンプーの為に来店することが出来たので、動物病院指定のシャンプーで毎日の薬浴を続けました。

同時に産後の回復を後押しできるようにと食事を見直し、徐々に日光浴を兼ねた散歩にも出かけ、治療開始から3カ月ほどでほぼ平常に戻ることが出来ました。

花ちゃんの場合、共に暮らす子犬たちにも症状が広がる可能性がある事から、同時のケアをすることはご家族には相当な負担だったでしょう。でも大切な花ちゃんとその子犬の為ならと大変熱心にまじめに治療に取り組まれていたことが印象的でした。

マラセチアにならないために、予防や日ごろのケアの3つのポイント

パグは短毛ゆえに皮膚、被毛のケアが曖昧になってしまいがちです。

でもたとえ短毛でも決してシャンプーやお手入れが不要ではありません。

皮膚を清潔に保つこと、適度な運動を続けることでストレスが軽減され、元気に愛嬌いっぱいに暮らせるものです。

日ごろから

  • 清潔、健康的な生活を心掛けストレス解消、発散を考えてあげましょう
  • 食事は素材、油分、カロリーと総合的に考え、良質な製品を選んであげましょう
  • 痒みや脱毛、体臭など気になる症状があるときは、動物病院で検査を受けてあげましょう

を心掛けてあげましょう。

【大谷幸代先生】

トリマーさん

愛玩動物飼養管理士

青山ケンネルスクール認定 A級トリマー メディカルトリマー

学生時代にイギリスへドッグトレーニングの勉強のため、短期留学。その後、ペットショップ販売員、トリマー、ドッグトレーナー、ペットシッターなど様々な仕事を経験してきた。

ホリスティックケアアドバイザーや日本アロマテラピー協会認定アロマテラピーインストラクターなどの資格も取得。ペット関連用品の開発、雑誌などへのコラム執筆を手がけるなど、【犬を飼う生活から、犬と暮らす生活へ】の実現をめざし、幅広く活躍している。

サンプルプレゼント【今だけ、先着300名様に味見用サンプルを無料でプレゼントしています】

動画で解るアガリクス【動画で解るアガリクス】

マンガで解るアガリクス【ペットのカビの病気が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの免疫力が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの皮膚・毛並み、足腰が心配な方はコチラをクリック】

マンガで解るアガリクス【ペットの下痢・便秘、食欲不振、元気がないのが心配な方はコチラをクリック】